通販と実店舗のはんこに違いはあるか

はんこは金融機関の口座開設から、仕事で使う書類の承認、荷物の受け取りなど様々なシーンで使われる大事なアイテムです。いわゆる三文判などであれば文房具屋や100円ショップで手に入りますし、職人が手作りしたような上質のはんこであれば、町のはんこ屋で注文をするということが一般的です。そこに最近ではインターネットを利用して手軽に購入できる通販が増えてきています。契約書や宣誓書に三文判は使わないというのは一般常識ですが、実店舗で購入した場合と通販で購入した場合との違いは果たしてあるのでしょうか。もし違いがあるならば、購入方法でもはんこの使い分けが必要です。これから通販ではんこの購入を検討している方は、知っておくべき注意点を簡単に見ていきましょう。

はんこの安全性は確保されているのか

はんこを購入するときに気になるのは、そのはんこの安全性です。職人が手彫り実店舗であれば、少しずつ印影は異なりますから、同じものはできないので安全です。一方で通販では複製されてもわからないのではないか、という懸念は出てきます。ましてや、インターネットでは店舗は画面に表示されるだけですから、注文をしても本当に届くのかという点も心配になります。これについては、サイトに販売実績や価格をことさらアピールして、大量生産のはんこを売る店舗もありますから、注意することは必要です。けれども、実店舗同様に手で彫った上質のはんこを販売している店舗も少なくありません。特に実店舗を持っている店舗であれば、商品の質は実店舗と変わりませんから安心して購入することが出来ます。

通販と実店舗の価格はなぜ違うのか

通販で購入するはんこは、実店舗で購入するよりも安い商品がかなりありますので、質が悪いのではないかというイメージを持たれることが多いです。しかし通販が安いのは、決して商品の質を下げているからではなく、実店舗のように店を構えていないので、テナント料や人件費が抑えられることや、機械を使って多くのはんこを作れることが理由です。経費を節約できるのはともかく、機械を使っているのであればやはり質が悪いと思われがちです。たしかに機械は大量に作れるのですが、個性はなく仕上がりが雑になったりします。しかし、「手仕上げ」と呼ばれる種類であれば、機械で一度彫った後に、職人が最終的に手を加えて機械彫りにはできない細かな作業を加えることで、手彫りとまではいかなくてもある程度の質を確保することができるのです。安さと質のバランスを求めるのであれば、手仕上げを謳った通販で購入するとよいでしょう。